« 江ノ島とイゴ | トップページ | 熱中症について »

「あたしの嫌いな私の声」

10日は、演劇集団キャラメルボックスという劇団のお芝居を観てきたheart04

この劇団は、ちょっと演劇界でも異端児というか、どちらかというと少女趣味でcoldsweats01まっすぐで純粋で、高校生の女の子が好きそうなタイプの劇団なので、上川隆也が有名になるまで「キャラメルが好き」って大きな声では言えなかったcoldsweats01

まぁ、実際私が高校生のときから観始めたので、仕方がないといえば仕方がないsmilesweat02

演劇界では相手にされなかったのに、『おもしろい』とお客さんは増えつづけて、いいかげん演劇界も無視できなくなってきた、という経緯があるので、この劇団はやたらとお客さんを大事にするcoldsweats01

それと、「自分たちがおもしろいと思ったことをやる」ので、観ていて気持ちがいいsmile 例えば、Tシャツでも、自分たちの作りたいものを作る、例え売れなくても。。といった具合にsweat02

「嵐になるまで待って」は、私の好きな作品のひとつで今回で4回目の再演catface

脚本・演出家の成井豊が、お芝居にできない小説「あたしの嫌いな私の声」を書いておいて、「なんとかお芝居にしてしまおう」とチャレンジしちゃったお芝居です。

Cimg7272

コレが、とってもせつないストーリーで、私はハンカチがないと観られないweep

今回は、客演がふたりいるということもあってちょっと新鮮で、また観にいこうかな、と計画中catfaceflair お芝居は生ものだからね、劇場に行かないとねshineあははshineshine

|
|

« 江ノ島とイゴ | トップページ | 熱中症について »

好きなモノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011752/22907220

この記事へのトラックバック一覧です: 「あたしの嫌いな私の声」:

« 江ノ島とイゴ | トップページ | 熱中症について »